同時通話型無線 HX834/RP823

  • HX834/RP823
  • 作業連絡用通信システム。必要な人に、必要な数だけ子機がゆきわたるワイドなシステム、HX834/RP823

    • 標準で、基地局を含めて最大9者間で通話が可能
    • 独自の回線自動接続方式採用。必要なだけ子機が使えます
    • さらに広範囲な通話エリアを確保する回線補償器を用意
    • アルミダイキャスト製シャーシの丈夫な子機
    • 子機は付属のリチウムイオン電池のほか、単3乾電池運用も可
    • RoHS指令対応
標準構成品
■子機 HX834
リチウムイオンバッテリーCNB840、ベルトクリップ
■親機 RP823
コネクタ付き電源ケーブル、取付金具
■基地局制御装置 CX912
30mコントロールケーブル、ブラケット、取付金具
  • アミューズメント施設・ブライダル・市場など多人数での同時作業をおこなう場所で、タイムリーな連絡手段に。

  • 固定チャンネル方式での運用例。8台の子機と複数のモニター機。通話していない子機には、代わってモニター機が通話も可能。

  • 回線補償器は1台につき約50mまでケーブル延長可能。使用するにあたっては、基地局申請が必要となります。

製品詳細

多彩なオーディオ系オプションを揃え、どんな業種にもフィット

MICSシリーズの特長のひとつに、充実したオーディオ系オプションのラインアップがあります。タイピン型マイク&イヤホンをとってみても、操作ボタンの位置が違うもの、マイクの感度調整が可能なもの、取りつけクリップがマグネット式のものなど、実に多彩です。そのほかにも、騒音下でもきれいな音声で伝達できる咽喉マイクや、テレビの撮影クルーが使用するようなネックセットなど、使用される形態にあわせて選べるオプションを多数用意しています。
接客業などではオプション類もお客さまの目に必ず留まるので、使いやすさと同時にセンスの良いものを選びたいですね。

持ち場を離れることなく、遠くの人と瞬時に連絡ができる便利な無線。そしてさらに便利に使えるのが、無線インカムです。作業をしながら話せるハンズフリーで、日常会話のように複数の人が同時に話せる気楽な同時通話方式。重要なメッセージがスピーディかつタイムリーに伝達できます。特に強力なチームワークで業務運営を図りたいビジネス現場では、確実な指示・誘導にお為にもぜひ導入したいものです。
Multi InterCom System-MICS「ミックス」。大規模利用のための「ミックス・プロ」です。システムづくりがラクなシンプルな機器構成ながら、スタンダードオリジナルの回線接続方式を採用することにより、グンとスケールの大きな連絡網をつくることができます。しかも、一段とワイドな通話エリアとすぐれた対環境性を実現しました。

従来からの固定チャンネル方式に加え、空いているチャンネルに自動的に移り、子機を携帯する全員が会話に参加できる自動回線選択方式を採用しています。子機の使用台数に制限がなくなり、全部署をカバーする連絡網が構築できるなど、大規模な発展的利用を実現しています。自動回線接続方式では、基地局を含めて最大8人での同時通話が可能。通話に参加していなくても常時モニターができ、チャンネルが空いたらスムーズに通話に参加できる仕組みです。

基本の機器構成は、極限までシンプルにいたしました

●親機 RP823
システムの中核となる親機は、アンテナを一体型にすることで配線工事やケーブル損失をなくし、ワイドで高品位な通話エリアを確保することが可能になりました。屋外業務仕様で-20℃から+50℃までの温度変化に対応します。各子機からの送られてくる電波をミックスし、1つの電波にまとめて各子機に送信する役割を果たします。

●基地局監視装置 CX912
回線の使用状況をLED表示で確認できます。フロントパネルは本体と分離し、見やすいアングルに差し替えが可能。外部スピーカーをつないで拡声放送もできます。

●携帯型無線機(子機) HX834
バッテリーを接続して、約10cm程度の小型サイズ。付属のリチウムイオンバッテリーは、連続通話で約11時間、単3アルカリ乾電池3本で約13時間も可能。振動やショックに強いアルミダイキャストのシャーシとポリカーボネートの堅牢ボディは、業務ユースの通信機器として信頼性の高い仕上がりになっています。
(写真は、ヘッドセットCHP820、ヘッドバンドCMB820を接続)

さらにエリアを拡張したい場合には

親機に接続して通話エリアを拡げることができる回線補償器RP824を用意。
約50mのケーブル延長で、最大6台の増設が可能。
屋外設置にも対応した防噴流型の構造です。

*回線補償器を使用する場合は、基地局申請が必要となります

オプション

オプション

オプション

仕様・外形寸法図

子機:HX834の定格

一般仕様
送受信周波数400MHz 帯の上り(送信)72 チャンネル下り(受信)24 チャンネル
電波形式F3E、F2D
通信方式複信方式
定格電圧3.7V
発振方式水晶発振により制御する周波数シンセサイザー方式
周波数の許容差±4.0ppm
アンテナヘリカルアンテナ(着脱可)
周波数切替方式手動切替/ 自動切替
寸法幅58mm 高さ106.5mm 奥行き22mm
(CNB840 装着時、突起物含まず)
重量約170g(CNB840 装着時)
受信部
受信方式ダブルスーパーヘテロダイン方式
受信感度-4dBμ以下(12dB SINAD)
スケルチ感度-4dBμ以下
低周波出力3mW 以上(8 Ω負荷)
送信部
送信出力1mW
占有周波数帯幅8.5kHz 以内
スプリアス発射の強度2.5μW 以下
変調方式可変容量ダイオードによる直接周波数調
最大周波数偏移±2.5kHz 以下
識別符号伝送速度1200bps(MSK 方式)
トーン周波数67.0Hz ~ 250.3Hz(33 波中1 波)

この定格は性能向上のため予告なく変更することがあります。

親機:RP823の定格

一般仕様
送受信周波数400MHz 帯の上り(受信)36 チャンネル下り(送信)12 チャンネル
電波形式F3E、F2D
通信方式複信方式
定格電圧12.0V
発振方式水晶発振により制御する周波数シンセサイザー方式
アンテナ1/2λ一体型
周波数切替方式手動切替 / 自動切替
寸法幅238mm 高さ154mm 奥行き73mm
重量約2700g
受信部
受信方式ダブルスーパーヘテロダイン方式
受信感度8dBμ以下(12dB SINAD)
スケルチ感度-4dB μ以下
低周波出力3mW 以上(8 Ω負荷)
中継制御部
中継制御方式トーンデコーダ方式
トーン周波数8dBμ以下(12dB SINAD)
トーン検出感度-4dBμ以下
トーン検出時間250ms以下
識別符号伝送速度1200bps(MSK 方式)
マーク周波数(1200Hz) スペース周波数(1800Hz)
トーン周波数67.0Hz ~ 250.3Hz(33波中1波)

この定格は性能向上のため予告なく変更することがあります。

基地局制御監視装置:CX912の定格

一般仕様
消費電流1A以下
低格電圧直流13.8V~24.0V
外部スピーカー出力1W以下
放送スピーカー出力1W以下
寸法幅152mm 高さ54mm 奥行き155mm
重量約800g

この定格は性能向上のため予告なく変更することがあります。