同時通話型無線 HX835P/RP835P

  • HX835P/RP835P
  • 作業連絡用無線システム。大規模なグループ作業にも、余裕で対応できる連絡システム、HX835P/RP835P

    • 標準で、基地局を含めて最大9者間で通話できます
    • 2台の親機をリンクさせ最大17者間同時通話に拡張可能
    • 高品質かつ多様な音声情報を伝達できる入力系統
    • 親機には3系統のアンテナ端子を装備
    • アンテナを内蔵し、アクティブにな場面でも活用できる子機
    • 独自の回線自動接続方式採用。必要なだけ子機が使えます。
標準構成品
■子機 HX835P
リチウムイオンバッテリーCNB840、ベルトクリップ
■親機 RP835P
ACアダプター
■基地局制御装置
CX835P
  • 劇場・物流センターなどの大型施設でも、すみずみまで良好な通信環境を実現します。

  • 指令用1、子機最大8の全9者間での同時通話。モニターだけなら子機はさらに増設可能。

  • 豊富な周辺機器を用意。CMP835Pはコード中央部をカール状にし、本体接続コネクタも工夫して操作性を向上。

製品詳細

さらにアクティブに、さらに使いやすくなった子機HX835P

腰のベルトなどに装着して利用するのが一般的な運用スタイルのMICS子機。アンテナを本体に内蔵し、ボリュームツマミも誤操作がなくなるように、フラットな形状にしました。さらにマイクコネクターを下向きにすることにより、タイピンマイクCMP835Pは、ケーブル携帯する際の妨げにならず、軽快に使えます。
ポリカーボネート製とダイキャストシャーシによる堅牢な本体や、薄型・軽量ボディをいかしながら、単3アルカリ乾電池なら連続約13時間も使える経済性の良さは、従来機からそのまま継承しています。

「ミックス・プロ・ユニバーサル」は、標準で基地局を含めて9者間、増設・拡張により最大17者間での同時通話を可能にし、ゆとりある回線数で、多人数にわたる共同作業をサポートします。
さらに、高品位なシステムの構築を容易にする設計を随所に施しました。
快適な通信環境をつくる3系統のアンテナ端子を備えた親機や、各種音声信号の入出力ができる豊富なライン系統を用意した基地局には、設置性・インテリア性も重視。
大規模用の「ミックス・プロ」をさらに発展させた「ミックス・プロ・ユニバーサル」は、さまざまなグループ作業の汎用性の高い連絡網としておすすめできるまさにユニバーサル(万能)な製品です。

グループ作業のために、ゆとりの回線数を用意しました

指令用の基地局を1、子機最大8の全9者間での同時通話を実現。
フロアがまたがるような現場、さらに大規模な施設での利用にも十分に対応できるよう、親機を連結して最大17者間での通話が可能になります。

優れた設置性で、スムーズな導入

親機と基地局制御装置は省スペースの設計。
薄型コンパクトな親機は、基地局とともにラックなどに収めてアンテナを接続するだけ。
デスクトップにおいても妨げになりません。
*アンテナ設置の際には、回線設計・電界測定をした上で適切な場所に設置してください。
混信などが発生した場合は使用を休止し、チャネルの変更をして回避してください。

さらにエリアを拡張したい場合には

親機に接続して通話エリアを拡げることができる回線補償器RP824を用意。
約50mのケーブル延長で、最大6台の増設が可能。
屋外設置にも対応した防噴流型の構造です。
*回線補償器を使用する場合は、基地局申請が必要となります

オプション

オプション

仕様・外形寸法図

子機:HX835Pの定格

一般仕様
送受信周波数400MHz 帯の上り(送信)72 チャンネル下り(受信)24 チャンネル
電波形式F3E、F2D
通信方式複信方式
定格電圧3.7V
発振方式水晶発振により制御する周波数シンセサイザー方式
周波数の許容差±4.0ppm
アンテナヘリカルアンテナ(着脱可)
周波数切替方式手動切替/ 自動切替
寸法幅58mm 高さ118mm 奥行き22mm
(CNB840 装着時、突起物含まず)
重量約160g(CNB840 装着時)
受信部
受信方式ダブルスーパーヘテロダイン方式
中間周波数23.05MHz(1st IF)/450kHz(2nd IF)
受信感度-4dBμ以下(12dB SINAD)
スケルチ感度-4dBμ以下
低周波出力3mW 以上(8 Ω負荷)
副次的に発する電波等の限度4000 μμW 以下
送信部
送信出力1mW
占有周波数帯幅8.5kHz 以内
スプリアス発射の強度2.5μW 以下
変調方式可変容量ダイオードによる直接周波数調
最大周波数偏移±2.5kHz 以下
識別符号伝送速度1200bps(MSK 方式)
マーク周波数(1200Hz)
スペース周波数(1800Hz)
トーン周波数67.0Hz ~ 250.3Hz(33 波中1 波)

この定格は性能向上のため予告なく変更することがあります。

親機:RP834Pの定格

一般仕様
送受信周波数400MHz 帯の上り(受信)72 チャンネル下り(送信)24 チャンネル
電波形式F3E、F2D
通信方式複信方式
定格電圧DC 12.0V
発振方式水晶発振により制御する周波数シンセサイザー方式
周波数の許容差±4.0ppm
周波数切替方式手動切替 / 自動切替
寸法幅300mm 高さ50mm 奥行き200m(突起物含まず)
重量約1750g
受信部
受信方式トリプルスーパーヘテロダイン方式
受信周波数45.375 ~ 45.81875MHz(1st IF)
21.3 ~ 22.0kHz(2nd IF)
455kHz(3rd IF)
受信感度0dB μ以下(12dB SINAD)
スケルチ感度-3dB μ以下
低周波出力3mW 以上(8 Ω負荷)
副次的に発する電波等の限度4000μμW以下
送信部
送信出力1mW
占有周波数帯幅8.5kHz 以内
スプリアス発射の強度2.5μW 以下
変調方式可変容量ダイオードによる直接周波数調
最大周波数偏移±2.5kHz 以下
識別符号伝送速度1200bps(MSK 方式)
マーク周波数(1200Hz)
スペース周波数(1800Hz)
トーン周波数67.0Hz ~ 250.3Hz(33波中1波)

この定格は性能向上のため予告なく変更することがあります。

基地局:CX834Pの定格

ライン入力1Vrms
ライン入力インピーダンス47kΩ
PC 入力1Vrms
PC 入力インピーダンス47kΩ
ライン出力140mV
定格電圧AC100V
寸法421mm×44mm×190mm(幅×奥行き×高さ)
重量約2500g

この定格は性能向上のため予告なく変更することがあります。